FTMの水着や更衣室はどうする?プールや海を思い切り楽しむ方法

夏ですね!暑いですね!

この季節になると海やプールに行きたくなる方は多いのではないでしょうか?
そこでFTMが直面するのが「水着」問題。

胸オペをしていなければ上半身裸になる訳にもいかない。
だからって女性用の水着を着るのは絶対に嫌だ。

胸オペはしたけど乳首が大きいから上半身裸にはまだ抵抗がある……。

という悩む方が多いのではないでしょうか。
こんなこと気にせずに海やプールを楽しみたいですよね。

ということで今回は、FTMも海やプールを楽しめるよう、水着対策などをご紹介していきます。

目次

【水着編】ラッシュガードがベスト

結論、水着はラッシュガードを着るのがベストです。

ラッシュガードにも、半そでタイプ、長袖タイプ、パーカータイプなど様々な形式があり、またイメージされる身体にフィットするタイプだけでなく、普通のしゃつのようにゆったりとしたタイプのものもあります。

ピッタリしたタイプで胸をつぶしておいて、上からパーカータイプのものを着ると胸をつぶすと同時に身体のラインが出てしまうのも避けることができます。

¥3,553 (2023/07/17 16:39時点 | Amazon調べ)

またFTM用にナベシャツとラッシュガードが一体になっているタイプのものもあります。少々値段は張りますが、一枚で胸もつぶせるのでかなり手軽に着られますよ。

もし普段男性としてパスしている場合、友人などから「なんでラッシュガード?」となったら「紫外線が弱いから」とか適当に言っておけば大丈夫でしょう。
普段は女性として生活している場合でも「水着が恥ずかしい」とか「紫外線弱い」とかとか言っておけば大丈夫です。

【更衣室編】トイレorパス度に応じた更衣室

水着以外の問題として「どこで着替えるか」「更衣室どっちに入るか」問題。

どちらに入ったらいいのか分からない、または受付からどちらかの鍵を渡されるということもあります。

結論、基本的にはどちらの更衣室になったとしても「トイレの個室で着替える」覚悟で行きましょう。行きは基本的に下に仕込んでおいて、上を脱ぐだけでいい状態にしておきます。
帰りはトイレで着替えるようにするのがベターでしょう。

更衣室やロッカーが男女別に分かれている場合は、基本的にはパス度に応じた方に行くことをオススメします。受付でカギを渡された場合には、それがパス度ということなのでそれに従いましょう。
これはFTMに限らず、トランスジェンダーはトラブル回避のためにもそのようにしておく方が無難です。

そしてもし着替えるトイレがないという場合には、できるだけ局部を隠して素早く着替えるしかありません。

こういった場面を何度か経験するトランスジェンダー、早着替えが得意になりがちです(笑)

海などの場合には、着替えポンチョ的なのを持っておくのも手の一つです。

RADIOS
¥3,580 (2024/07/15 21:54時点 | 楽天市場調べ)

着替えてしまえば、あとは普通に思う存分プールも海も楽しみましょう!

まとめ

以上、FTMがプールや海でFTMが楽しむための、水着や更衣室問題について解説しました。まとめると次の通りです。

・水着対策は「ラッシュガード」がオススメ。様々なタイプや形状がある。
・ラッシュガードを着ている理由を聞かれたら「紫外線対策」などと答えればOK!
・更衣室の選択や着替えに関しては、トイレの個室での着替えや、パス度に応じて選ぶといい

シスジェンダーだったらこんな思いせずに楽しめるのに……と憂鬱になることもあるかもしれません。
しかしそれでも、ちょっとした工夫や考え方を変えれば楽しむことはできます。

シス男性もシス女性でもラッシュガードを着ている方も結構いるので、意外と違和感なく楽しめますよ。
せっかくの夏なので、ぜひ楽しんでください!

あなたのシェアが誰かを救う

コメント

コメントする

目次